薬が散らばっている画像

ノミダニ予防をお得にする

猫を飼うときに必要になる

猫をペットとして飼うときに必要になることである、ノミやマダニの予防。
犬や猫といった、日本でも人気がある動物をペットとして飼うときは、ノミやマダニをしっかり予防していく必要があります。
ノミもマダニもどちらも基本的に草むらに潜んでいるものですが、さまざまな経路でペットである猫に忍び寄り、飼い主さんが知らない間に猫の身体に寄生します。
特にノミは外遊びをする猫よりも、室内で生活している猫のほうが被害を受けやすいともいわれているので、注意してあげなくてはなりません。

ノミやマダニを駆除し、予防をすることはペットである猫にとっても、共に生活する飼い主さんにとっても大切なことです。
猫を飼っている飼い主さんの中には、ノミダニ駆除薬は猫の身体に負担をかけるからといって使おうとしない人たちもいます。
しかし、ノミやマダニに寄生されてしまうほうが猫の身体にかかる負担が大きく、ノミやマダニの唾液によってアレルギー皮膚炎や何らかの病気になってしまうと、健康的な生活を送れなくなってしまいます。
ノミやマダニが猫に与える害はかなり大きなものなので、ノミダニ駆除薬を使って定期的に駆除し、予防をするほうがいいといえるのです。
ですが、このノミダニ駆除薬、動物病院で処方してもらうと価格が高くなってしまって悩んでいる……という飼い主さんも多いのではないでしょうか。
ノミダニ駆除薬の価格が気になってしまう、金銭的な負担が大きいからどうにかして軽減したいと考えている飼い主さんは、フィプロフォートプラスを手に取ってみるのはいかがでしょうか。

同じ効果がある安心感

猫のノミダニ駆除薬としてもっとも有名なのがフロントラインだと思います。
一口にフロントラインといってもさまざまな種類があり、ノミやマダニの成虫だけでなく、ノミの卵や蛹、幼虫にも駆除効果が発揮されるのがフロントラインプラスです。
他にも、フロントラインプラスは猫のハジラミにも効果的なので、猫のノミダニ予防にはフロントラインプラスを使っている人は多いと思います。
非常に頼りになるフロントラインプラス、このジェネリック薬にあたるのがフィプロフォートプラスというノミダニ駆除薬です。

フィプロフォートプラスはサヴァ・ヴェット社が販売しているペットの医薬品の一つです。
フロントラインプラスのジェネリック薬のため、有効成分としてフロントラインプラスと同じフィプロニルとS-メトプレンが含まれています。
そのため、フロントラインプラスと同じ効果を期待することができ、効果的に猫のノミやマダニを駆除することができるのです。
また、ノミの卵や幼虫、蛹に対する効果も同じで、ノミの卵や幼虫、蛹が成長するのを阻害して再寄生しにくい状態にしてきます。
今までフロントラインプラスをずっと使っていたという人でも、これなら安心してフィプロフォートプラスへ切り替えることができるのではないでしょうか。

フロントラインよりもお得

効果も成分もフロントラインプラスと同じなら、どういった違いがあるのか気になっている人もいるかもしれません。
フロントラインプラスのジェネリック薬と聞いたときにすぐにわかった人もいるかもしれませんが、フロントラインプラスとフィプロフォートプラスの大きな違いは価格になります。
フィプロフォートプラスは価格が安価になっており、フロントラインプラスよりもお得に使えるという魅力があるのです。

先ほども触れましたが、フィプロフォートプラスに使われている成分は、フィプロニルとS-メトプレンになります。
これらの成分はフロントラインプラスで既に効果があると確立されている成分であり、既にメリアル社が開発した成分でもあります。
通常、医薬品の成分には開発に時間もお金もかけているため、開発費を回収するために少し高めの価格で処方されたり、販売されたりしています。
ですが、フィプロフォートプラスの場合、既に開発されていて効果があるとわかっている成分を使って作っていることになるので、開発費を回収する必要がありません。
そのため、フロントラインプラスよりも安価な価格で販売することができ、お得に猫のノミダニ予防ができるのです。

フロントラインプラスからフィプロフォートプラスに切り替えることによって、多くの飼い主さんを悩ませている金銭的な負担が大きく軽減されます。
フィプロフォートプラスに切り替えて、猫のノミダニ予防に関する悩みを解消し、お得にペットのノミやマダニを予防しませんか?